ちらしのうら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「デッドプール」を観てきた

 

 

 

www.foxmovies-jp.com

 

 

 

土日の休日出勤が決まったので今日は早めに上がれたあさぎです。

せっかくのレディースデイだし「デッドプール」観てきたよ!

 

面白かったです。ばばばっと終わって「面白かった…」の一言だったんですが、ここ面白い!とか考えずに終わっちゃったので、どんなところが?と自分で思い出していこうと思います。

 

※ネタバレ注意!

 

あらすじ

 

タクシーに乗って目的地へ急ぐ、全身、赤いコスチュームの男。彼は運転手に、自分の名前を「デッドプール」だと告げる。到着したのはハイウェイの上だった。デッドプールは、そこで宿敵への復讐を果たそうとしていたのだーー。

そこからさかのぼること2年。

ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、かつて特殊部隊の有能な傭兵だったが、第一線を引退。好き勝手に悪い奴をこらしめ、金を稼ぐという、ヒーロー気取りの生活をしていた。

そんなウェイドが一夜の相手として知り合ったのが、娼婦のヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)。最初のベッドインがあまりに“完璧”だったため、彼らは一年間の同居を経て、結婚を決意する。幸福な未来が待ち受けると思ったのも束の間、ウェイドは原因不明の痛みに襲われ、全身にガンが転移していると診断されてしまった。余命は、あとわずかとなりーー。

激しく落ち込むウェイドに声をかけてきた男がいた。末期ガンが治せると聞かされたウェイドは、その男の誘いで、ある施設へ連れて来られる。そこでは余命宣告された者たちに人体実験がほどこされ、肉体を改造された被験者が、戦闘マシンとなって売られる、という恐ろしいプロジェクトが進んでいた。

施設を仕切っていたエイジャックス(エド・スクライン)は自らも無敵の肉体を手に入れており、ウェイドにさまざまな実験を課して、彼を改造していく。やがて、どんな攻撃を受けても回復できる肉体を手にするウェイド。しかし怒りが収まらない彼は、エイジャックスと激しく戦った末に施設から逃亡する。

実験のために、顔を含めて全身の皮膚がただれたウェイドは、ヴァネッサに素顔を見せる勇気がない。ボロボロの顔を隠すため、自らマスクを作った彼は、自分を「デッドプール」と名付け、エイジャックスを探すことにした。元の肉体に戻してもらい、もう一度、ヴァネッサと幸せな生活を送りたい……。

ウェイド=デッドプールは強い感情に突き動かされ、エイジャックスへの手がかりを見つけては、次々とその場で敵を倒していくのだった。

映画『デッドプール』公式サイト

 

 

R15の意味

 

 

わりとグロい。エグい?アクションシーンで簡単に首が飛んだり頭打たれたりするのでちょっとびっくりしました。痛そうだったなあ。俺ちゃんが自分の手首切断するシーンもあるので、グロいの無理!って人は目と耳を塞ぎましょう。それかいっそ観ない。

 

拷問シーンもあるのでなお注意。氷漬けはちょっと観るの辛かった。寒そう。

 

あと、ヴァネッサとよろしくやっているシーンも普通にありました。隣にいたカップル(なぜかアイスを食べている)が恥ずかしそうに顔を見合わせたのでそっちにダメージ食らいました。かなしい。

下ネタも言うしモロに用語も言っちゃうのでちょっと気まずい思いをしそう。そんなんで気まずくなるくらいの仲じゃないぜ!って人はいいと思う。付き合いたてはやめよう。

 

 

アクションシーン

 

 

ぬるぬる動く。体操選手もびっくりなひねりを加えたジャンプをしてました。

序盤のアクションシーンでは銃弾が12発しかないので数えながら撃つことに。本当に数えてました。かわいい。

弾が切れても不死身だとわかっているので、ひやひやすることなく純粋にアクションを楽しむことができました。

2本の剣を背負ってるの可愛いなあと思っていたら(当然だけど)飾りじゃなく、引き抜く動作が凄く格好良かった。

ヴァネッサ救出の際にはこの2本だけでボスまで到達するんだけど、ざっくざっく切り込んでいくシーンは爽快でした。

 

 

X-MEN

 

 

かっちかちの紳士と坊主頭のお姉ちゃん。

敵相手でも「胸が見えてる…」と気遣っちゃう紳士は俺ちゃんにヒーローとは、を説きます。俺ちゃん言うこと聞かないけどね!

お姉ちゃんは見習いらしいけど要所要所で活躍してました(たぶん)力が強いよ!

きゃんきゃん喚くキャラクターじゃなく、引くところは引くのですごく好きです。

 

 

第四の壁を破壊する俺ちゃん

 

 

始めっからこっちに話しかけてくる。「お、おう…」てなる。

 

俺ちゃんのメタ発言については聞いてたんですけど、本当にメタいな!?

 

エンドロールが終わって、俺ちゃんが「???続編とか予算がないからないよ?(意訳)」的なことを言ってくる。いいなあさすが俺ちゃんだ!

しかも「まだいるの?終わったからさっさと帰れよ…(意訳)」って帰りを促してくる。映画の終わりって帰り辛いのわたしだけかなあ。

でも「次は〇〇が出てくるよ。俳優はまだ決まってないけど××とか××とか~」とぽろっと言って本当に終わりました。俺ちゃんの言うことなので真相はいかに…。

このときの俺ちゃんの服装がバスローブに見えて仕方なかったです。バスローブだったのかなあ。(バスローブだった!!)

 

 

地味に気になるタクシーのお兄ちゃん

 

 

最初と最後に出てくるタクシーのお兄ちゃんが意外と荒っぽい。

始めはコスチューム着用の俺ちゃんも気さくに乗せるし、「仕事中お財布持たない。ハイタッチ!」に応えて代金ちゃらにしちゃうし、彼女取られた…って言ってたのでお人好しなのかなあと思ってたんです。そんなことなかったね!!

 

最後彼の恋敵は無事なのかな…ちょうど俺ちゃんが置いて行った銃もあるしね!手段には事欠かないね!

 

 

 

アメコミの映画は観たことがなかったんですが、アクションが凄くて見応えがありました。軽く観られて面白かったです。

時間の関係で字幕版だったのですが、日本語吹き替え版…観たいなあ…。

 

 

 

 

おわる!