ちらしのうら

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今流行りの2.5次元ミュージカル「刀ミュ」を観てきた(※ぼっち)

舞台

 

 

 

先日、5月27日から渋谷にあるAiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演されている、ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~を観てきました。ひとりです。ぼっちです。

 

 

 

そもそも刀ミュとは?

 

DMM.comさんにて展開されているブラウザゲーム「刀剣乱舞ONRINE」を舞台したもの。

昨年トライアル公演を経た刀ミュと、先月まで公演していた刀ステとありますが、残念ながら刀ステの方は未観劇です。

ちなみにわたしは骨喰くんがすきです。

2次元のキャラクターが3次元に出てくるから2.5次元なのかな?最近?(そうでもないかも)だとスマホゲームの「あんスタ」が舞台化されましたね。人気漫画の弱虫ペダルの舞台化「ペダステ」や多くの女性を破産に追い込むと噂の元祖2.5次元ミュージカル「テニミュ」など、様々な漫画・アニメ・ゲームが舞台化されています。もう追いつけません。

 

刀ミュに出演する刀剣男士は6人。※敬称略

 

三日月宗近(黒羽麻璃央)

小狐丸(北園涼)

石切丸(崎山つばさ)

岩融(佐伯大地)

今剣(大平峻也)

加州清光(佐藤流司)

 

他、源義経や弁慶など。詳しくはホームページを見てね!(めんどくさい)

 

musical-toukenranbu.jp

 

2.5次元舞台で活躍されている俳優さん達だそうです。

小劇団の公演を観に行くことが多いので、恥ずかしながら初見でした。が、キャラクタービジュアル写真の時点でスマホを直視できませんでした。

 

お前らよくそんな色のウィッグつけてイケメンでいられるな!?

 

 

なんでぼっちなん?

 

友達がいねえからだ。

 

前述した通り、刀ミュは昨年トライアル公演をしているんです。

実際に観には行けなかったけど、ライビュは観に行けました。映画館で舞台が生放送される世界に生まれてよかったです。

その際にCDデビュー化が発表され、新しい世界を見た私は迷わず予約しチケットまで申し込んでしまいました。運よく当選して喜ぶもつかの間、わたしに友達がいないあまりにぼっち参戦に震える事態となりました。

 

内容は概ね同じなので、いつかトライアル公演についても書きたいなあ。(ただわたしの感情が忙しかったってだけの話)

 

 

どうにもならず迎えた当日

 

 

チケット当選の翌週にはこのこと忘れてて友達作れなかったんだ

仕事入るかもしれないし…と高をくくってたけども、ちょうど転職したときで普通にお休みだった!上司ありがとう!

 

ぼっちには辛いとわかりきっていたので、客席の開場時間に原宿駅に着くように家を出たよ!

……が、乗り換えにことごとく恵まれず割とぎりぎりに入場でした。スタッフさんごめんなさい。

開園10分前、流石にみんな中に入っただろうと思ってたけど、グッズのトレード?かなんかで中に入っていく姿を10人くらいに見届けられた。気まずいわ!!

お手洗いも3列で折り返すほど並んでた。彼女達は無事に用を済ませて快適に観劇できたのだろうか…。

 

むしろわたしがトイレ行きたかったんだけど

 

若干のトイレへの不安を抱えて席に座るも、さすが2.5次元。多くの人が友人や仲間を連れている…!

わたしも一度くらい誰かと観劇行きたいなあー!

 

始まるまで落ち着かなかったけど、刀剣男士(たぶん三日月さんかな)の「刀剣乱舞、始めよう(うろ覚え)」みたいな一声で一斉に話をやめてスマホしまう皆さんの訓練された感じになんかほっとした。そういうところ嫌いじゃないぜ!

 

トライアルとの内容の違いといえば、歌が増えてたことと、ちょっとだけ印象が薄かった小狐丸の出番が多くなってたこと、あとトライアルにはなかった弁慶様と今剣の掛け合いが面白かった。

 

一番驚いたのは、皆さんの歌唱力が段違いだったこと。鳥肌立ちました。

 

 

問題の第2部

 

 

やっぱり感情の忙しい1部を終えて、休憩時間にトイレに行きたかったんだけど列が凄くて諦めた。それと休憩アナウンスとともに外に飛び出していくグッズ購入希望者の数が多くてびっくりした。わたしもオタクだからその気持ちわかる!!

 

席に戻ってまた落ち着かない10分を過ごしてると、どうやら左隣のお姉さんもぼっち参戦のようだと気づく。ここで一気に心に余裕が生まれた。が、話しかけるコミュ力はない。あったらぼっち参戦してねーわ!!

ちらちら見ていた(気持ち悪いねごめんなさい)のに気づかれたのかわからないけど、お姉さんが話しかけてくれた。

 

「あの、ペンライトとかお持ちでないのなら一本差し上げましょうか?石切丸ですけど…」

 

ん?????

お姉さんの手にはペンライトと、緑のサイリウムが2本。そして装飾を施されたうちわ。

 

ライブだ!!??

 

第2部はライブ。知っていたことなのに甘く見ていました。周りを見ればほとんどのひとが自作のうちわとペンライトを持っている。鞄を膝の上にのせて座ってるのわたしだけだ!!お姉さん達の本気を甘く見てた!!!

 

お姉さんからありがたくサイリウムを1本もらう。

 

「どうぞどうぞ!やっぱり持ってた方が楽しめると思うので!!」

 

お姉さーーん…!すっごいお礼言った。もう少しで2部中挙動不審になって怪しまれるところだったよ…。

優しさに包まれながらお姉さんと少しお話しできたよ!

やっぱり石切丸さんのファンなのだそうだ。わたしの中で石切丸さんの株が本人関係ないところで急上昇してる。

(「石切丸ですけど…」に今更笑うけど、わたし石切丸さん好きだよ!!) 

 

英語を歌う刀剣男士

 

わたしがライブパートで好きなのは、最初の曲で英語を歌うところなんだよね。

三日月さんが「みーすてぇーいくっ」って最後のkeまで綺麗に発音したときはいろいろ通り越して感動した。あと素早くなってきれっきれに踊る石切丸さん。ダンス上手だね!?

 

一番好きなのは、義経様と弁慶様たちの太鼓。ライビュでもぞくぞくしたけど、実際に劇場で聞くと全然違った。肌がびりびりしました…惚れ直した!!

何よりも、弁慶様が太鼓とともに出てきたとき、「弁慶さまー!!」って歓声が飛んだんだよね。義経様が出てきたときは「義経公ー!!」って、ほかのお二方(なんて呼ばれてたか忘れてしまいましたごめんなさい!)も呼ばれてて、なんて素敵な空間だろうって思った。

だって皆さんの大部分が目当ての刀剣男士が舞台の上手下手に控えてるんですよ。すごく失礼だけど、そういうときはひたすら推しを呼ぶものだと思ってたので、ちゃんと舞台上でメインパフォーマンスをされている人を応援するところ、本当に素敵でした。

 

写真じゃない刀剣男士

 

やばい。(語彙力が)

 

美しい。ふつくしかった!!

中盤の曲で客席に降りてきてくれるんですが、近くで見ても粗がない…!

イケメンはどこまでもイケメンだと思いました。言葉で表現しきれない衝撃でした。

もうこのボキャ貧については見逃してください。

 

わたしの近くの席の方が三日月さんに顔を覗き込まれて号泣していたんですが、あれは泣くよね…。あんな綺麗な顔が目の前に来たら恐ろしいよ!!

 

 

ぼっち参戦を終えて

 

 

帰りは一番先に劇場を出ました。トイレ行きたかったしね!!

ちょっとだけ気まずいのを抜いたらとても楽しかったです。映画にもファミレスにも1人で行けるタイプなので、慣れたらこういう場所も大丈夫そう。(友達を作るという概念はない)

トライアル公演でも思ったけど、2次元のキャラクターが(しかもアイドル育成のゲームじゃない)ライブをして、アイドルのようにファンサをする刀ミュは、わたしが今まで知らなかった新しいものでした。

後ろの席に「これで2.5次元に落ちたわー」と言っている人がいたけど、これからも色んな人を沼に引きずり込んでいくんだろうなあ。

 

さて、今回観劇した刀ミュ。会員限定ライブというものがあるそうです。

さらに秋には新作ですって!

会員限定ライブはともかく、新作は…観たいなあ…

あれ?これが…沼の始まりなの…?

 

 

 

おわり!